給付金請求とは


この給付金の請求は期限が延長され平成34年1月12日まで請求することができるようになっています。

この給付金を受け取るためには提訴し、和解する必要があります。

この救済措置の対象となっている人は基本的にB型肝炎ウィルスに持続感染しており、集団予防接種を過去に受けたことがある人です。

この集団予防接種受けたことがあるかという点に関しては、母子手帳などがなくなっていたとしても、摂取痕やその他の方法で立証は可能のようです。

他にも生年月日が昭和16年7月2日以降であることなども条件になってきますのでそれらの点も確認しましょう。さらに自分自身が集団予防接種を受けていないとしても、自分の母親が集団予防接種が原因でB型肝炎ウィルスに感染し、子供である自分も母親から母子感染でB型肝炎ウィルスに感染した場合は、二次感染被害者として提訴が可能になります。

このように関係する様子は時に複雑であり、自分1人で考えていても本当に給付金の請求権がある立場かどうかわからない場合も多いと思うので、なるべく早い段階で専門家に相談することをおすすめします。その場合はB型肝炎訴訟に関して数多くの経験がある弁護士事務所を探して選ぶと良いでしょう。

関連記事:B型肝炎の症状